BLOG

【新築失敗例】寝室にダウンライトは本当におすすめ?

ダウンライト
部屋の照明といえば、基本的にはシーリングライトを利用される方が多いと思います。シーリングライトは部屋を全体に灯します。

何段階にも調節が出来るので子供部屋などはシーリングライトを利用する事をおススメしています。では、部屋にダウンライトはどうなのでしょうか。

今回は寝室にダウンライトをつけた場合はどうなのでしょうか。今回は寝室にダウンライトをつけた方の体験を元に失敗談成功例をお伝えしてきます。

寝室のダウンライトの注意点

ダウンライトとは天井に埋め込んだ照明器具のことです。一般的にはホールなどでも使われる事が多いです。家庭ではリビングにつけたり、床や壁の一部を照らす間接照明の役割もありますので、デザインを重視したお部屋につける事が多いようです。

ダウンライトの失敗談

ダウンライトはつけるか、消すかの場合もあります。例えばスイッチをドアのあたりにつけてしまうと、布団に入る前に電気を真っ暗にしてごそごそしながら布団に入らないといけません。

シーリングライトであればリモコンがついており薄くしたり消したりする事が出来ます。シーリングライトをつけるのであればスイッチを枕元に必ずつけるようにしましょう。

ダウンライトのつける場所にも注意しましょう。ダウンライトの直接の光が見えないように設置をしないと大変な事になります。リビングなどは上を向く事が少ないので大丈夫なのですが、寝室は寝る時に天井を見ます。その真上にダウンライトがついていると寝る前なのに眩しくて目がチカチカしてしまいます。ダウンライトをつける場合は足元を照らすようにつけるのがいいでしょう。

ダウンライトは後付けができません。埋め込み式なので、後からつけたり取ったりすると大変な事になります。つけ間違えた!では修正が効かないのでつける場合はしっかい計画をしてつけることをしましょう。

寝室につけるおすすめの照明は?

シーリングライトをつける場合は、光の優しい照明を選びましょう。シーリングライトは光が段階によって調節が出来るモノもあります。しかし、強すぎる光ですと上を向いた時に眩しくて眠気が飛んでしまいます。部屋の大きさに合ったシーリングライトを使用し少し抑えめの照明を利用するといいでしょう。

ダウンライトをつける場合は足元を照らすようにダウンライトをつけるといいでしょう。寝室にはそこまで明かりも必要ないので、必要最低限のダウンライトを利用するればいいでしょう。そして、ダウンライトに合わせてセンサーの設置も出来ますので、プラスしてつけて見るのもいいですね。

最近のダウンライトは明かりを調節出来るダウンライトもありますので、そのダウンライトを利用すると寝る前の明るさの調節が出来ていいです。

補助照明も利用するといいでしょう。補助照明は部屋のデザインにもなりオシャレな部屋になりまます。サイドテーブルに置くものやベットの真ん中の壁に取り付けのものもあります。

お部屋にあった補助照明を選ぶのも楽しいですね。最近はベットの下から光が出る照明もありますのでそんなのもありですね。

このページのまとめ

寝室はゆっくりと安らぎのある空間を作る事が必要になりますね。部屋を明るくする事より、多少暗めの照明をつける方がいいかもしれません。照明が明るすぎて目が冴えて寝れなくなったというようであれば困りますからね。

もし、本を読むなどで明かりが必要であれば補助照明など後からサイドテーブルに置いたりつけたり出来るモノもありますので、そのようなモノを利用するのもいいですね。お部屋の雰囲気にあった少し暗めの照明を選んでみてください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.