BLOG

新築照明器具費用はどれくらい?【正しい節約】

新築照明器具の費用
新築で家を建てる時、照明はいくらくらいになるのでしょうか。皆さんはご存知ですか?意外と照明の費用はかかっています。

でも、無くす訳にはいかない照明。照明木器具を買うことはなかなか無いので、家の照明の金額がいくらになるのか、ライトの金額がいくらなのか、まったく見当もつかないと思います。

では、照明器具が大体いくらくらいになるのか、そして、照明は節約出来るのかを検証していきましょう。少しでも節約が出来ればいいですよね。

新築照明器具の費用

実際、部屋の数やなんの照明をつけるかによって金額は変わってきます。部屋数が多ければそれだけ照明を多くつけなければいけませんので金額も高くなります。

そして、どんな部屋にするのかによっても変わってきます。リビングにシャンデリアをつければシャンデリアの金額もピンキリですが高くなりますね。では、一般的な金額をお伝えしていきます。

ダウンライトはだいたい5000円から1万円 調光対応や光の色が変更するものであれは20,000円ほどかかります。リビングにダウンライトが何個必要なのか、どこに利用するのかを計算していきます。

シーリングライトは畳10畳用で3万から6万円台が多いです。ペンダントライトは一般的に1万円から3万円です。でも、デザインのいいものなどは10万円以上する事もあります。

照明器具、費用の相場はどれくらい?

照明器具にもよりますが、床面積が3坪程度の住宅でだいたい20万から30万円くらいが相場になります。まずは照明がいくらくらいになるのか見積もりをもらいましょう。

予算もありますので、20万円を目標に設定して見てください。全部屋に照明をつけて、そこから減らせれる照明や安くできる照明を変えていきましょう。お金をかければいいモノが出来るかといったらそうではありません。ここは安くてもいい照明、ここはお金をかける場所と分けて考えてください。

  • 自分で用意する

値段を安くする場合はネットを利用した方がいい場合もあります。例えばシーリングライトなどは工務店で購入すれば3万円以上するところが、ネットで購入すれば4,000円ほどから購入出来ます。

型番などを確認し取り付けれるのかどうかを確認しましょう。設置料とかも考えれば、そのように自分で取り付けをしないといけませんが、ネットなどを利用する事も一つの考えです。

リビングは人が来たりするので、見た目も大切なので高いデザインのあるライトを利用してもいいと思いますが、他の部屋などは安いシーリングライトを利用するのもいいですね。

このページのまとめ

住宅も注文住宅であればいろいろと決める事が出来ます。部屋数にもよりますので、金額の一概にこの金額とは言えませんが、凝るところは凝って、安くあげれる所は安くしましょう。

その時は初めにどんな部屋にしたいかを明確にし、まず見積もりをしっかりとってもらいます。そして、その中から安く出来る所や自分で取り付けができるライトを探し無くしていきましょう。

自分で取り付けなどは大変ですが、その分安くなるのであればそれも一つですね。家を建てるという事は他にもお金がかかりますし、建てた後も生活費はもちろん、税金などお金がかかることは沢山あります。安くできる所は少しでも安くしておきましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.