BLOG

【照明選び方】新築リビングのありがちな失敗例とは?

照明の選び方
新築を建てる時にあなたは何にこだわりたいですか?せっかく注文で建てれるのであれば隅々までこだわっていきたいと思うのは当たり前!今回はリビングでの照明についてです。

リビングは家の顔でもありますね。家族みんなが集まる場所です。お客様が来てもリビングに通されますよね。

リビングは壁紙や家具の色などで決まるとも言われていますが、それを引き立たせてくれるのが照明です。では、そのリビング照明はどうすればいいのでしょうか。そんなリビングで失敗しない選び方をお伝えしていきます。

リビングにおすすめの照明とは?

照明といっても沢山の種類がありますが、リビングで利用できる照明はどのようなモノがあるのでしょうか。

  • シーリングライト:全体を照らし出す
  • ダウンライト:天井に埋め込む
  • ペンダントライト:天井から吊るして使用する

基本は上記の3種類が多く使われています。

まず、シーリングライトは部屋の真ん中につけ、部屋全体を明るく照らしてくれます。デザインも多くありますがリビングにつけるのであれば、シンプルなものを選ぶといいでしょう。

ダウンライトは天井に埋め込む式になりますので、お部屋がスッキリした印象になります。しかし、ダウンライトは照らす範囲が決まっているので部屋のバランスをみてつけなければいけません。

ペンダントライトはテーブルなどキッチンにつけることが多いです。ダウンライトはデザインのものが多いのでおしゃれに見せたい場合に用いられます。

照明選びの失敗例

ダイニングテーブルの上の照明の位置の失敗談は多くあります。実は配置はすごく難しいのです。

ダイニングテーブルの中心に照明を設置しないといけませんが、テーブルは後から購入したり置いたりするのでダイニングテーブルを置いたら真ん中に来ないなどという例もあります。固定式のペンダントライトであれば、ダイニングテーブルはその場所から移動させれません。

そして、ぶら下がっているので、高さによっては男性の場合は頭をぶつける事があります。ガラスのペンダントライトであればモノをぶつけた時に割れてしまう事もあるかもしれません。気をつけないといけませんね。

リビングにダウンライトを使用する。ダウンライトは壁や床を照らす照明になります。最近はLEDのダウンライトもあるので明るかったり燃費もいいので、利用される方が多くいます。そして、埋め込み式になりますので天井も部屋もスッキリしてみえます。

しかし、ダウンライトは先ほども言ったように1箇所を照らす事を目的にしていますので、例えば子供が本を読む、勉強をするという事に暗くなってしまう事もあります。

暗くなるからと、ダウンライトを大目につけることによってボコボコの天井になったり、スイッチが多くなってしまい、そこのスイッチかわからないなんて事もあるかもしれません。

リビングは人の集まる場所なので明るい照明を利用するのがいいのかもしれませんね。シーリングライトもリビングだからといって大きめのモノをつけたら明るすぎて困る。って事もありますので、しっかり部屋のサイズのシーリングライトを使用しましょう。

このページのまとめ

一言で照明と言っても種類も多ければ色も多種多様あります。どの様な感じの部屋にしたいかによっても照明が変わってきます。そして、少し取り入れる照明を工夫する事でまた雰囲気もぐっと変わってきます。

新築の場合これから家を建てる方が多いのでなかなかイメージはしにくいかもしれませんが各部屋に合わせた照明をイメージしながら考えていきましょう。デザインばかりで考えても暗くなったりしますので、うまく照明を活用して下さい。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.