BLOG

家具はもう必要ない?造作棚をお願いする場合の注意点とは?

造作棚
見た目はすっきりしていてお洒落であり、かつ抜群な収納力!

そんなオーダーメイドの造り付け収納(造作家具・造作棚)に憧れる人は多いでしょう。けれども、制作依頼の仕方や相場がいまいち分からないものでもあります。

今回は、造作家具をオーダーするにあたってのメリットデメリットや注意点を紹介していきます。

造作棚をお願いする場合の注意点

造作棚は一度作ってしまうと、安易には替えることはできません。造作棚をオーダーする前に、メリットデメリットを把握しましょう。

メリット

  • アイテムに合わせた家具ができる!
  • 統一感のあるインテリアに仕上がる!
  • 収納力が抜群!
  • 地震対策もバッチリ!
  • アイテムに合わせた家具ができる!

オーダーメイド造作家具の大きなメリットは「ミリ単位」で寸法指定できることでしょう。設置場所や手持ちのアイテムにぴったりのサイズの家具を作れます。

置きたい空間の幅や高さに合った既成家具を探すのは困難で時間を要しますが、造作ならジャストサイズ・好みのものを作ることができます。

  • 統一感のあるインテリアに仕上がる!

室内のテイストにあったカラーや素材で、統一感のあるインテリアに仕上げることができます。

既製家具でコーディネートする場合、カラー・素材などを吟味する必要がありますが、造作ならテイストにあわせて作るので、自ずと統一感のある空間に仕上がります。

  • 収納力が抜群!

幅や奥行きはわずかな箇所で既成の家具が置けない箇所でも、造作棚なら置くことが可能です。天井までの棚を造作すると、その収納効率は抜群です。

  • 地震対策もバッチリ!

作り付けたり補強が自由にできるため、地震対策はばっちりです。既成の家具を置くだけに比べて、作り付けの棚や吊り戸棚は耐震面でとても安心できます。

デメリット

  • 安易に作りかえれない
  • 収納スペースの乱活用になりかねない
  • 安易に作りかえれない

建物に固定した造作棚は動かせません。ライフステージの変化や、子どもの成長に応じて部屋の使い方や間取りを変える予定をしている人は、注意が必要です。

  • 収納スペースの乱活用になりかねない

収納スペースは多ければ多いほどよいと考えがちですが、つくりすぎると家具配置や生活動線の邪魔になります。間取図を見るときは、収納スペースを“面積”はなく“容量”で捉えるようにしましょう。

造作棚をオーダーする際は、「今」だけを考えるのでなく、ライフステージの変化にも対応できるよう、適材適所に適量の造作を心がけることが大切といえるでしょう。

造作棚を制作する際の注意点

注文住宅を建てる場合、たいていはハウスメーカーか設計事務所、工務店のいずれかに依頼することになります。一度相談してみましょう。

収納スペースの詳細については、業者との契約後に打ち合わせるのが一般的ですが、最初から造作家具を考えているなら、契約前の見積もりの段階で伝えておきましょう。契約後に相談したら予算オーバーになりかねません。

扉や引き出しの有無が値段に影響することもあります。人目に付きやすい場所には扉を付け、目に付きにくい場所には扉を付けないといった調整で、予算を抑えるのも一つの手です。

このページのまとめ

自分にとっての適材適所にジャストサイズで設計できる造作家具。既製品ではカバーしきれない、暮らしや収納の問題点を解消できたり、色や素材に統一感をもたせてまとまりのあるインテリアに仕上げることが可能です。壁に固定する造作家具なら、耐震性のアップだけでなく、掃除の負担を軽くできることも可能です。

今だけを考えるのでなく、今後の変わりゆくライフステージ・成長していくこどものことを考え、メリットデメリットをしっかりと把握して、素敵な造作家具を作れるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.