BLOG

【造作棚か既製品家具】その違いと耐震性・使い勝手とは?

造作棚か既製品家具
見た目はすっきりしていてお洒落であり、かつ抜群な収納力な造作棚。

造作棚は、安いものから高いものまで選択可能で、必要に応じて買いかえることが可能な既成品家具です。新築を建てるにあたって、その二つの違いはどこなのか?どちらを選択するのが賢いのでしょうか?

今回はその二つの耐震性や使い勝手を解説していきます。

造作棚か既製品家具!どちらがおすすめ?

造作棚か既製品家具!どちらがおすすめ?

耐震性を比較

阪神大震災の時に、住宅・建物の耐震性に大きな注目が集まりました。そこで印象が薄かったのが「家具による死傷者」です。耐震性が低い住宅に住んでいただけでなく、地震による揺れにより倒れた家具の下敷きになり怪我をした人・逃げ遅れた人も多かったのではないでしょうか。

家具の下敷きになるだけでなく、家具そのものによる衝撃が大きな不安要素となってしまいます。そんな地震対策の一つに「天井」と家具を突っ張り棒で固定する方法があります。

これ、実は地震対策としては不足している方法なのです。突っ張り棒での耐震性を効果的なものにするには、正確な位置にしっかりと設置しなければなりません。難しいのです。また新居の場合、せっかくの新しい家なのに、突っ張り棒が目立つようなインテリアとなってしまうのは残念な気がします。

既成品家具を採用すると、こういった地震対策が必要となります。反対に造作棚であれば、壁に固定したり天井までみっちりと棚にする等な仕様に自由にできますので、見た目もすっきりかつ頑丈な地震対策を施せます。

ライフプランに応じた使い方

建物に固定した造作棚は一度作ってしまうと、安易には替えることはできません。ライフステージの変化や子どもの成長に応じて部屋の使い方や間取りを変える予定をしている人は注意が必要です。

反対に既成品家具は、ライフプランに応じ模様替えや買い換えることができます。ライフステージの変化がある予定の方や子どもの成長に応じて部屋の使い方や間取りを変える予定をしている人は既成品家具の方が良いかもしれません。

造作棚のメリットとデメリット

ガスコンロのメリット

  • 地震に強い!
  • 設置場所の大きさや手持ちのアイテムに合わせた家具がつくれる!
  • 収納力が抜群!

ガスコンロのデメリット

  • 安易に作りかえれない
  • 収納スペースの乱活用になりかねない

既成品家具のメリットとデメリット

既成品家具のメリット

  • ライフプランの変更に応じて模様替え・買い換えることができる

既成品家具のデメリット

  • 耐震方法を考える必要がある
  • カラーや素材の微妙な違いまで吟味しなければならない

このページのまとめ

まとめ女子
造作棚・既成品家具それぞれのメリットデメリットは理解いただけたでしょうか?

今だけを考えるのでなく、今後の変わりゆくライフステージや成長していくこどものことを考え、メリットデメリットをしっかりと把握して、造作棚・既成品家具を選べたら良いですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.