BLOG

新築カーテンの選び方とは?

新築カーテンの選び方
まっさらな状態で住める新築。そんな新築は、今まで使っていたものではなく新しいカーテンで生活したいですね。

けれど、どこでどんなカーテンをどのように買えばいいのでしょうか。ここでは、新築時のカーテンを注文するときに考えるべきことをご紹介します。

カーテンの買い方

1)施工業者(ハウスメーカー)に依頼する
新築の施工業者では、多くの施工業者がカーテン専門店と提携しており、新築時のオーダーカーテンの購入ができるようになっています。 ここで頼むと、新築工事時にレールなどを取り付け、カーテンがつけられた状態での引き渡しとなります。

業者を探す手間がなく、不備があったときに施工業者を通して対応してくれるのがメリットですが、新築の施工業者のマージンがあり割引がほとんどないのがデメリットです。

2)オーダーカーテンを注文
自分自身でカーテン販売店と交渉し、オーダーします。自らオーダーすることで施工業者へ頼むよりも安く上がります。

3)既成カーテンを購入

カーテンの選び方

カーテンの選び方
カーテンは部屋の雰囲気に合わせて選べますが、新築時の何もないまっさらな状態ではなかなかイメージを掴みづらく、新築のカーテン選びに苦労する人も多いようです。そのような場合、まず立地や窓の向きなどから、部屋ごとの遮光や遮熱・目隠しなど、必要なカーテンの機能を考えましょう。

隣の家と新築が近い場合には家の中が見えにくいミラーレースが必要かもしれませんし、西向きの窓があれば遮光カーテンが必要かもしれません。

次に、新築の部屋の用途にあわせて色や柄を考えます。寝室であればリラックスできるカーテンを、リビングには落ち着いた色や高級感のあるカーテンを、という具合です。

最後に、新築に入れる家具との統一感を考えます。インテリアとの色の統一感があるとおしゃれに見えるのでおすすめです。

既成カーテンとオーダーカーテンについて

既製カーテンはある一定のサイズのカーテンを大量生産することで値段が安く購入できるというものです。一般的に幅100丈135、幅100丈178、幅100丈200の3サイズが多く量販されており、仕上がり品なので購入後すぐに持ち帰る、または発送してもらえます。

しかし、サイズが決まっているので窓にピッタリ合わないことがあります。逆に、オーダーカーテンは注文生産の為、窓にピッタリのサイズが作れるというメリットがあります。しかし既製カーテンに比べて値段が高く、製作に時間がかかるというデメリットがあります。

このページのまとめ

カーテン選びのポイントは「お部屋全体を考えてコーディネートする」ことです。
まとめ女子
また、全てのお部屋を無難に同色・同素材でまとめるのもいいですが、新たな暮らしの始まり、リビング・寝室・子供部屋などお部屋それぞれの役割や用途を考えカーテンを選ぶことでその暮らしをより豊かにしてくれます。

新築時は自分好みのインテリアを実現する良いタイミングです。新築を期に今まで実現できなかったコーディネートをしてみてはいかがでしょうか。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.