BLOG

風水を意識した間取り、家を建てるための運気の良い家とは?

間取り
風水を重視した家の選び方をすると運気があります。景観、広さ、玄関の向き、間取りなどなど考慮するべきな風水のポイントはたくさんあります。ちょっとしたポイントを押させておくことで、運気があがればうれしいですよね。

ここでは、家を建てる際に気をつけたい各部屋の風水ポイントを紹介します。

玄関

玄関
気が入ってくる玄関が「吉」です。

風水では、玄関は非常に重要で、気は玄関から入り家の中に巡ります玄関は家の顔です。家運の土台を作る場所で、まず玄関がよくないと、家運にも影響を与えてしまいます。玄関は「吉方位」に向けてパワーを高めましょう。

日本の家相の場合、吉とされる方位は「東、東南、南」、次に「西、西北」。北東は「鬼門」とされるので、避けるのが無難です。風水では、明かりは陽の気のエネルギーです。

さまざまな気が入ってくる玄関は、明るい印象にするのが間取りのポイントです。反対に玄関が散らかっていると、陰の気が溜りやすく、家運が低下となるので注意しましょう。自然光が入ってきて、風通しも良い玄関が理想的です。暗くて、湿った玄関には良い気が入ってきません。

リビング

リビング
明るく、居心地の良い部屋にしましょう。
一番家族が集まるのがリビングです。動線的にもリビングが家の中心にあるのが理想的です。インテリアや色を工夫して、明るく空気の良い空間を作ることで、自然と運気が高まってきます。望ましいのは自然の光が入ってくることです。

居間・リビングの居心地がよければ、そこに家族が自然に集まり、会話も増え、楽しく過ごして家族のまとまりが高まるでしょう。逆に、居心地が悪いと会話も少なくなり、家族間の不和が起きたりします。

キッチン

キッチン
キッチンは家族のエネルギーを生み出す場所です。キッチンは食欲が湧き、食事が楽しく、会話がはずむことが大切です。その意味では、リビングと同様に大事な場所です。

キッチンは、明るく・風通しをよくするのがポイント。 火を扱うため体感的にも暑く感じる場所です。西日が当たる場所は、夏は食欲を減退させるので注意が必要です。吉方位は通風を考慮した上で「東、東南、西北」です。西や西南の台所は、夏は食べ物が腐りやすくなるので、避けるのが無難でしょう。

キッチンは、「陰・陽」両方の性格をあわせ持つ場所で、この場所で「火」と「水」を扱うということ。火と水は、私たちの生活に欠かせないエネルギーの根源ですが、風水では火(熱)と水(冷)は、反するものです。「要注意エネルギー」が存在する場所です。

風呂・浴室、トイレ

浴室
風呂・浴室は最も「湿気」が多い場所です。通風、換気に注意しましょう。トイレというのは、基本的に「陰の気」がこもる不浄の場所であり、家のどこにあっても原則として凶です。比較的、影響の少ない場所はあっても、吉の場所はありません。

また、 風呂場やトイレは家相の「鬼門」に位置しやすい場所ですが、鬼門に位置した場合、神経質にならず、換気と掃除で脅威の進入を防ぐことができます。風呂場は「風通し」のよい方位から見ると、「北、東、西、東南」がよいでしょう。ただし、北向きは冬の北風が厳しいので、できるだ避けましょう。

間取りでは、朝日が入る東や東南に窓を設けておくと、健康運を運んでくれる大吉の浴室になると言われます。風通しがよく、湿気が少なく、清潔、温かく明るいイメージに。

寝室

寝室
健康を保つには、睡眠が大切です。睡眠中は「潜在意識」が無防備状態になるので注意が必要です。伝統風水の場合、寝室は「吉方位」に置きます。特にポイントになるのがベッドの位置方角です。
家相の吉方位は「北、東、南西」。(寒さが厳しい地方は、「北」を避けるのが無難)

西日が当たる寝室は凶です。夏は熱気が取れなく、寝苦しい夜になるので注意が必要です。(西向きの場合、空気の入れ替えのために窓を二つ設けるなどしましょう)

北向きの寝室は凶です。冬は冷たい北風が吹きつけ、部屋の温度が下がり、部屋を暖めにくいです。寝室は階段の近くや真下は避けましょう(階段の足音が睡眠の妨げになります)。また、隣の家の「台所」付近を避けましょう(換気扇、水音が睡眠の妨げとなります)。

このページのまとめ

家を建てる際に「風水」に気を付けようと考えると、どうしても「方位にこだわろう」と考えてしまいがちです。まとめ女子しかし、すべての部屋を最高の方位に配置することはできません。

大切なのは、家にとって重要な場所や部屋にこだわって優先的に風水を考えることです。理想の間取りに近づけた家作りができるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.