BLOG

無垢の床はなぜいいの?【押さえておくべきポイント】

無垢の床

床材の主流はフローリングです。しかし無垢の床に憧れを持つ人も多いのではないでしょうか?無垢の床は天然の木の温もりと高級感があります。

しかし、本物の木ということで手入れが大変そう、傷が目立ちそうなどの不安もありますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は無垢の床のおすすめのポイントについてご紹介したいと思います。

合板フローリングと無垢材の違い

一般的なフローリングは複合フローリングと呼ばれています。複数の合板を接着剤で貼り合わせた合板の表面に天然木の薄板を貼り付けたものです。色目や木目の種類も様々で、バリエーションが豊富です。無垢と比べると比較的安価なのが特徴です。また汚れや傷に強いので、部屋を選ばずキッチンなどの水周りでも使用できるフローリングもあります。無垢と比べると踏み心地が硬く自然の風合いが出にくいというデメリットはあります。

それに対し、無垢材は天然木を使用した昔から使用されているフローリングです。

無垢材のメリット

◯質感
無垢材のメリットは何と言っても本物の木を使用しているので、質感が魅力です。複合フローリングのデザイン性はアップしてきていますが、やはり無垢材の質感には及びません。その肌触りの気持ちよさは最大のメリットです。素足で歩くととても気持ちがいいのです。

◯経年変化
新しい木質もいいですが、年月が経つごとに味わいを増していきます。色やツヤがどんどん変化していきます。合板フローリングは作った時が一番綺麗で、あとは年月とともに劣化をしていきます。味わいを増すという点でも無垢材はおすすめです。

◯調湿作用
無垢材は調湿作用があります。部屋の湿度によって空気中の水分を吸放出し、一定に保とうとします。冬は床も冷たくなり足元がひんやりしますが、無垢材は素足でいても温もりを感じることができます。木の断熱性はコンクリートの約12倍とも言われています。伐採された木材は空気をたくさん含んでいるため、熱が伝わりにくくなっています。

気をつけるポイント

◯乾燥させる
木は乾燥により収縮し変形をします。無垢材でも乾燥が不十分で反り返りや割れが起こったりすることもあります。十分に乾燥させた無垢材を使うことで収縮・変形を防ぐことができるので、十分に自然乾燥させた無垢材を使い、空気にさらしてしっかりと乾燥させる必要があります。

◯傷がつきやすい
無垢材は天然の木なので、どうしても複合フローリングに比べると傷がつきやすくなっています。木の種類によっては物を落とすとへこんでしまうという種類の無垢材もあります。しかし、複合フローリングは傷がついたあとは修復不可能ですが、無垢材は天然の木なので水を含ませて膨らませたり、削ったりすることで修復可能です。

◯水に弱い
無垢材は天然の木なので水に弱いというデメリットがあります。表面を塗装してあっても弱いですが、無塗装であればなおさらです。水に濡れたままだとシミになりやすいので、すぐに拭き取りよく乾燥させる必要があります。またできればオイル塗装や自然塗装をして表面を保護するといいでしょう。

まとめ

無垢材についてご紹介しました。無垢材は傷がつきやすかったり反りや割れが起こってしまうというデリケートな素材でもあります。複合フローリングと比べると価格が高かったり、傷や割れも味ととらえることができない人には不向きかもしれません。しかし自然の木であることを活かした風合いの良さや調湿作用もあり体に優しい無垢材。無垢材のメリットデメリットをしっかりと理解した上でぜひ検討してみてください。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.