BLOG

家を建てるための頭金、いくら必要?【頭金の平均】

家を建てるための頭金
家族がのびのびと暮らせるな憧れの家を建てる、憧れている方も多いでしょう。そんな憧れのマイホーム購入にあたり、最初の行動のひとつとして資金集めがあります。可能であれば現金一括にて購入したいところですが、ほとんどの方がある程度の額の頭金を用意して残りの額は住宅ローンを利用して購入しています。

ここでは、その頭金はいくら必要なのかを紹介していきます。

頭金とは?

頭金とは、マイホームを買うときに支払う現金です。持っている貯金全てのことではなく、貯金の中からマイホームを買う際に出せるお金のことをいいます。

例えば、貯金が500万円あったとして、そのうちの300万円を出せるなら頭金は300万円になります。貯金が1000万円あっても、マイホームを買うときにお金を出さない場合は頭金は0円になります。

頭金を用意するメリットは以下の通りです。

1)借入額を少なくする
 頭金を用意して借入額を少なくすると、毎月の返済額も減り、生活にゆとりが生まれるでしょう。また、マイホームの選択肢が増える(マイホーム購入予算 = 用意できる頭金額 + 融資可能金額 となるため)でしょう。
2)利息が少なくなる
 頭金を用意して借入額を少なくすると、当然支払う利息額も減ります。住宅ローンの利息を支払わなくていいようになる分、将来手元に残るお金は多くなります。逆に言うと住宅ローンの借入額が多くなればなるほど、支払わなければいけない住宅ローンの利息が多くなり、将来残るお金が少なくなります。
3)返済期間を短くできる
 頭金を用意して借入額を少なくすると、毎月の住宅ローン返済額が少なくなります。その住宅ローン返済額に余裕がある場合は、住宅ローンの返済額を増やすことで住宅ローンの返済期間を短くすることができます。

用意すべき頭金の額

用意すべき頭金の額
今は国が住宅の購入を奨励していて、住宅ローンは低金利時代、住宅ローン減税も過去最大規模です。その他、さまざまな優遇策がある中、頭金が少なくてもローンが借りやすく、「買い時」と考える人も多いです。しかしあくまで住宅ローンは借金なので、頭金は多く入れて、借金は少なくするに越したことはありません。

1)現在(マイホーム購入前)の家計の流れを把握する
給料 = 家賃 + 毎月の支出 + 貯蓄
2)毎月の住宅ローン返済可能額(A)を算出する
給料 = 住宅ローン返済額(A)円 + 毎月の支出 + 将来のためにすべき貯蓄
住宅購入の際にまず必要なのは、毎月の支出額を把握し、返済できる金額(A)を割り出すこと。必要な「支出」、するべき「貯蓄額」から「返済額」を決めて、頭金と買える物件価格を決めるのが大切となります。

頭金の平均額

【購入金額3000万円未満】
 頭金は100万円以上500万円未満が最多。100万円未満という人も23.3%いる。
【購入金額3000万円以上5000万円未満】
 頭金は100万円以上500万円未満が最多。次いで500万円以上1000万円未満に。1500万円以上の人も2割以上。
【購入金額5000万円以上】
 頭金は1500万円以上が61.0%と半数以上に。さらに100万円未満の人はゼロ。

購入金額に比例して、頭金額も大きくなっていることがわかります。

このページのまとめ

頭金をじっくり貯めてから購入するか、住宅ローン金利が低い今、頭金が少なくしてローンを長く組んで購入するかは人それぞれです。自分の家計とライフスタイルに合った頭金額・返済額を考えましょう。

 

資料請求

資料請求

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.