BLOG

賃貸住宅と注文住宅、どちらが便利か

賃貸と持ち家の違い

賃貸と注文住宅を購入するのはどちらがいいかという議論はよくされています。持ち家を購入してもその後の生活がやっていけるのだろうか、賃貸のままでは老後の生活が不安など、どちらにもそれぞれリスクがあるように感じます。実際には賃貸と持ち家どちらがいいのでしょうか?それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。賃貸住宅と注文住宅、どちらが便利か比較してみたいと思います。

転居がしやすいのは

賃貸のメリットは自由に住み替えができるということが最大のメリットです。転勤があるから賃貸しか無理という方もみえるでしょう。もし近所とトラブルになってしまったり、お子さんが学校になじめなかったりした場合、転居するという事が可能です。また生活が苦しくなってしまった場合に家賃の安い物件へ引っ越す事も可能です。

反対に持ち家だと引っ越すという事は家を手放さなければならないので、残りのローンを清算するために売却する方が多いでしょう。買い手が見つかればいいですが、思っていた売値では買い手がつかず値段を下げると、売却後に残債が残ってしまうということもあります。

気兼ねなく住めるのは

持ち家の場合はなんといっても自分が所有者であり、気兼ねなく住める安心感があります。特に小さいお子様がみえる家庭は子供の走る音だったり泣き声だったりを気にしなければならないですが、防音性に優れた持ち家では賃貸ほどは気にしなくても良さそうです。

賃貸の場合は壁に画鋲を指すことにも気を使います。また畳をフローリングにしたいなどのリフォ−ムはほとんどできません。自分たちがその間取りにあった暮らしをすることになります。

資産性

資産として住宅を見た場合、持ち家は住宅ローンが完済すればその家は自分たちの資産になります。それに対して賃貸は家賃を払い続けても自分たちのものにはなりません。入居の費用や引っ越し代などが転居のたびに発生しますので、教育費や老後の貯蓄まで回らないという状況も考えられます。

金額面

・もしもの事があった場合
あまり考えたくはないですが、一家の大黒柱であるご主人に万が一の事があった場合には、持ち家の場合はご主人が住宅ローンの契約者であることが多いかと思います。もし契約者に万が一の事があった場合でも、持ち家は団体信用生命保険によって残りのローンが清算され、遺された家族が住宅ローンの負担はなく住む事ができます。反対に賃貸であれば家賃が消えることはないので払い続けなければなりません。

・老後
持ち家の場合は、固定資産税や管理費などの維持費はかかりますが住宅ローンは完済していれば、住居費にかかる負担は老後かなり軽くなります。多額の頭金や登記費用など最初に必要な金額は高いですが、ローンを完済すると老後の生活は住宅ローン分の支払いは無くなるため楽になります。また資産性としてみても持ち家の方が優勢です。ローンが完済すれば自分たちの資産になりますので子供に相続させることもできます。

反対に賃貸であれば働いて収入のあるうちはまだいいですが、年金生活を迎えた時にも家賃の負担がかかりますので一気に生活が困難になるケースが考えられます。そのためにも老後の貯蓄は持ち家の人よりも多めに準備をしておく必要があります。およそ定年退職後の家賃の支払いのために必要な金額は1000万円以上とも言われています。定年後の年金生活の時に家賃に困る事がないようあらかじめ蓄えておくことが必要です。

まとめ

賃貸と持ち家のどちらにもメリットデメリットがあります。子供が生まれる前や小さいうちは貯蓄がしやすいですが、大きくなるにつれて教育費などがかかってきます。また自分たちの老後の貯蓄も必要です。賃貸と持ち家、どちらが自分たちに合っているか、マッチするかを見極めて選択してください。

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.