BLOG

共働き夫婦の住宅ローン

住宅ローンは「夫名義で借りる」というイメージを抱える方が多いでしょう。しかし共働き夫婦が増えた昨今、夫婦での住宅ローンの借り方は選べるのことはご存知でしょうか?

そこで今回は、住宅ローンを組むパターンとそのメリット/デメリットを紹介します。

共働き夫婦の住宅ローンの借り方

昔から住宅ローンは夫が「主たる債務者」となって組むことが多かったのですが、共働き夫婦であれば住宅ローンを夫婦で組むパターンも増えています。夫婦で組む住宅ローンの借り方は4パターンあります。

1. 夫(妻)一人だけの名義
2. 夫(妻)一人だけの名義 妻(夫)が連帯保証人
3. 夫(妻)一人だけの名義 妻(夫)が連帯債務者
4. 夫と妻の共同名義(ペアローン)

妻が働いている場合には妻も住宅ローン控除を受けられるというメリットから、妻も住宅ローンを組む事例が増えてます。それぞれの特徴とメリット/デメリットをまとめました。

1. 夫(妻)一人だけの名義

昔からの一般的な住宅ローンの組み方です。夫の収入のみで銀行のローン審査に通る場合や、妻の収入をあてにしたくない場合に組むことが多い住宅ローンになります。

・家の所有権・・・名義者のみ
・返済責任・・・名義者のみ
・住宅ローン控除・・・名義者のみ
・名義者が亡くなった場合、団体信用保険適用

【デメリット】
収入合算ができないので借入額の上限は少なくなる。
住宅ローン控除が名義者のみしか受けられない。

2. 夫(妻)一人だけの名義 妻(夫)が連帯保証人

妻が連帯保証人になることで、収入合算(しゅうにゅうがっさん)をして借入限度額を上げる事が出来ます。

・家の所有権・・・名義者のみ
・返済責任・・・名義者のみ (名義者の返済が滞った場合、連帯保証人に返済義務がでてくる)
・住宅ローン控除・・・名義者のみ
・名義者が亡くなった場合、団体信用保険適用

【デメリット】
住宅ローン控除が名義者のみしか受けられない。

3. 夫(妻)一人だけの名義 妻(夫)が連帯債務者

妻が連帯保証人になることで、収入合算(しゅうにゅうがっさん)をして借入限度額を上げる事が出来ます。そして、住宅ローン控除を夫婦それぞれで受けることができます。

・家の所有権・・・名義者と妻(夫)
・返済責任・・・名義者と妻(夫)
・住宅ローン控除・・・名義者と妻(夫)

【デメリット】
団体信用保険は基本は夫の方にしかかけられないので、妻の方にも別途で団体信用保険をかけないと、夫が亡くなった後も妻のローンはまるまる残ってしまいます。

4. 夫と妻の共同名義(ペアローン)

夫婦がそれぞれ別に住宅ローンに契約し、加入します。2本の住宅ローンを契約するということになります。住宅ローン控除を夫婦それぞれで受けることができます。

・家の所有権(名義)…夫と妻。(出資割合におうじて持分登記にします)
・返済責任…ローンを返す責任は夫と妻のそれぞれの金額割合です。さらにそれぞれの連帯保証人になっているので、返済が滞ると夫との分は妻に、妻の分は夫に、銀行は返済を求めてきます。
・住宅ローン控除・・・名義者と妻(夫)

【デメリット】
二つのローンを組むことになるので、住宅ローンの諸費用の事務手数料が2倍かかる。

まとめ

以上、夫婦での住宅ローンの組み方について紹介しました。

住宅ローン控除のことを考えると、夫婦で組んだ方がメリットが大きく感じます。しかし女性はライフスタイルの変化が男性より激しいです。住宅ローンの借り方は単純に収入の多い方の返済シミュレーションだけで考えるのではなく、子育ての方針やライフスタイルの変化まで気をつけて考えましょう。

” 

 ”

最新記事

おすすめ記事