BLOG

住宅ローンの諸費用

マイホーム購入にかかる諸費用の中で大きな割合を占めるものに住宅ローンの諸費用があります。諸費用がどのくらいかかるかは、マイホームの予算計画に大きく影響するでしょう。

そこで今回は、住宅ローンに必要な諸費用の内容や金額の目安を紹介します。

住宅ローンに必要な諸費用

金融機関から住宅ローンを借りる際にはいくつかの費用がかかります。金融機関へ支払う手数料や抵当権を設定するための費用などです。これら諸費用は原則として現金で支払うものなので、購入物件の頭金とともに準備するようにしましょう。

住宅ローン手続きに必要となる主な諸費用を紹介します。

【事務手数料】
住宅ローンを申し込む時の手続きに対する手数料になります。金額は金融機関やローン商品によって異なりますが、多くは3万円前後となります。

【保証料】
保証会社の保証を受けるための費用です。
住宅ローンは支払期間が長いため、原則として連帯保証人などはつけません。代わりに保証会社が保証することとなっています。保証料はそのための保証料と考えればよいでしょう。金額は金融機関やローン商品によって異なります。

【団体信用生命保険特約料】
借入者が死亡・高度障害状態になった際にローン残高が保険金で相殺される生命保険です。加入がほぼ義務つけられています。銀行負担としているところもありますが、ローンの返済額に含まれていたり、金利に上乗せされている場合が多いです。

【火災保険料】
火災・落雷や、台風などの自然災害による建物の被害に備える保険です。
住宅は借入の担保となるので、火災保険は強制加入となります。同時に地震保険に加入することもできますが、地震保険は任意としている場合が多いです。

【登記関係費用】
住宅ローンを借入れするためには、担保物件への抵当権の設定登記が求められます。借入額に応じた登録免許税や登記を依頼した司法書士への報酬などがあります。

繰上返済時の費用

住宅ローン開始後にまとまったお金が入った時には 繰上返済 を検討しましょう。長く借りるとその分の利息も払わなきゃいけないので、機会があれば繰上返済を実行して 元金を減らして おきましょう。

この繰上返済をする際にも手数料は発生します。(銀行やローン商品によって手数料が発生しないのもあります。)最近では、インターネットにより住宅ローン申し込みで手数料が安くなったり、無料になったりする商品も出ていますので、返済の条件を確認しましょう。

住宅ローンの諸費用相場

諸費用のおおよその目安は、新築物件の場合で 物件価格の3~7% です。しかし、購入する物件や住宅ローンによって違いがありますので、金融機関にあらかじめ確認しておきましょう。おそらく、物件見積もり書やローン提案書に諸費用の概算が記載されていますので参考にしましょう。

諸費用は原則現金での準備が必要となります。マイホームの予算検討の際には諸費用分の予算を忘れないようにしましょう。

まとめ

住宅を購入するとそれに伴う事務手続きが発生します。沢山あるので、いろいろと不安になることも多いでしょう。しかし、それぞれの手続きをそれぞれ理解すれば、不安も解消されるでしょう。

諸費用を理解することで、商品をきちんと考慮した資金計画を立てれるでしょう。建築工事費とは別にしっかりと計画して支払いに備えましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事