BLOG

固定金利と変動金利 良いとこどりはできないのか?

先の景気動向が不透明でかつ低金利時代である今、選ぶべき住宅ローンは「長期固定型」でしょう。しかし、低金利時代だからこそ「短期固定型」や「変動金利」も捨てがたいです。できれば、両方のメリットを得たいところですがそんなことはできるのでしょうか?

ミックスローン

住宅ローンを考えるとき、「固定金利」にするか「変動金利」にするか頭を悩ますでしょう。低金利時代である今だからこそより低い金利の「変動金利」にするか、先の景気が分からない今・低金利であるからこそ「固定金利」にするか。できればその両方の良いところどりをしたいと思う方も多いのではないでしょうか?その良いとこどり、実はできるのです! ミックスローン と呼ばれます。

ミックスローンとは、一般的に 固定金利と変動金利を合わせたプランを言い、固定金利選択型 とも呼ばれています。同じ金融機関にて複数の住宅ローン契約を結びます。

たとえば、3,000万円の資金を借り入れる場合に
・借入金額1,500万円の全期間固定金利型
・借入金額1,500万円の変動金利型
の住宅ローンを組むといったふうに、2本建てで契約を結びます。

金利タイプの組み合わせは、長期固定金利型と変動金利型のミックスに限らず、長期固定金利型と短期固定金利型を組み合わせることも可能 です。それぞれが独立した住宅ローンになるため、金利タイプだけに限らず、借入金額や返済期間などの条件も自由に選ぶことができます。(銀行によっては返済期間を変えて設定することができない場合がありますので、ご確認ください。)

ミックスローンのメリット

メリットとしては、異なる金利の良いとこどりができるところでしょう。

低金利時代の今、低金利で借りられる変動金利のみで借りるのが最も負担が少なく、このまま完済まで金利が上がらなければ、変動金利1本で借りるのが最も有利です。しかし、この先住宅ローンを完済するまで同じ金利水準で推移するとは限らず、上昇する可能性も考えておかなければなりません。

変動金利で借りて金利が上がり始めたら、その時に固定金利に変更すればいいのでは? と思うかもしれませんが、金利動向に合わせて金利タイプを乗り換えるのは現実的に難しいと言えます。一般的に金利が上がるのは、変動金利より固定金利の方が先と言われています。つまり、変動金利が上がる段階ではすでに固定金利はかなり上昇していて、乗り換えしたくても手遅れになっているケースがほとんどなのです。
急激な金利上昇が起こったときに慌てなくて済む ことが、ミックスローンの大きなメリットです。

ミックスローンのデメリット

デメリットとしましては下記の点があります。

・リスクも減るけど、メリットも減る
ミックスローンはリスクを回避できるのの、その分ベネフィットも少なくなってしまうでしょう。低金利時代が思ったより長びいたり、さらに下降していくという場合は、変動金利で組んだローンの方はそのメリットを受けられますが、固定金利で組んでいる部分に関しては、メリットが得られません。

・諸費用が増える
ずばり諸費用が増えます。2種類の住宅ローンを組むことになるので、登記費用がそれぞれかかります。契約書の印紙代や抵当権設定費用が2倍かかるということです。金額にして5~10万円は余計にかかることになります。

まとめ

ミックスローンは、景気動向の予測が全く予測できず、金利上昇のリスクは避けたいけれども、変動金利のメリットも捨てがたいという方にはおすすめです。しかし、リスクが全くなくなるわけではありません。変動金利での借り入れ分がある以上、常に金利の動向を心配しなければならず、結局は変動金利のみで借りているのと大して変わらない状況と言えます。

金利上昇リスクが怖くて、金利が少しでも上向くと不安になるような人は、リスクゼロの全期間固定金利型を選ぶと安心でしょう。安心より利益が欲しい人は変動金利やックスローンを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

最新記事

おすすめ記事