BLOG

注文住宅の建物以外でかかる費用

よく住宅会社の広告で「本体価格○○○○万円!」と表記されている金額には、別途工事費や諸費用が含まれていない場合がほとんどです。建物の費用は、「本体価格」が7割、「別途工事費」が2割、「諸費用」が1割 とされています。

そのうちの「別途工事費」とはどんな工事があるのでしょうか?今回は「別途工事費」について紹介します。

付帯工事費について

家づくりでは、建物本体の工事以外にも、いくつかの工事が発生します。解体工事、造成工事、基礎補強工事を行う場合は、それらの費用が追加で必要になります。また、インテリアとエクステリアに関しては、基本的に必要な費用だと考えておきましょう。なお、工事費用は住宅ローンでまかなえますが、インテリア関連(家具や電化製品、カーテンなど)は現金で用意しておく必要があります。

・解体工事関連費用
建て替えの場合に必要になり、住んでいた家を解体するための費用です。古家付きの土地を買って解体する場合も同じです。足場を組んで建物を解体する工事や、周囲にホコリや音などの迷惑をかけないためのシート養生費などがあります。家本体以外にも、樹木や塀、カーポートや物置を移設・処分するための費用が発生します。井戸や浄化槽がある場合は、それらの処分費用も必要となります。

・造成工事費用
敷地に高低差がある場合に擁壁をつくるための費用や、整地をするための費用です。

・基礎補強工事関連費用
地盤が軟弱な場合に必要になります。地盤調査を行った後、必要と判断された補強工事を行います。地盤の状態により、地表面にセメント系の材料を混ぜ合わせて固める地盤改良工事や、固い地盤に達するまで深く杭を打つ工事などを行います。

・外部給排水工事
生活に使う水(給水)を上下水道管から引っ張り、トイレ・キッチン・お風呂で使用した水(排水)を下水管へ流す管をつなげる工事のことです。要は給水(イン)と排水(アウト)の配管を這わせる工事です。

・都市ガス工事
都市ガスの引き込み工事をおこなう際に支払う工事です。引き込む距離で金額が異なります。オール電化やプロパンガスの場合は必要のない工事です。

・インテリア
インテリア関連では、新居用の家具やカーテン・カーテンレールなどの費用が必要になります。カーテンレールを取り付ける工事も必要です。家具や電化製品は前の家で使っていたものを引き続き使うこともできますが、新居にふさわしいものを新調するケースが多いようです。

・電設工事関連費用
エアコンなど空調設置工事などの費用がかかります。また照明器具も通常は建物本体の工事費用に含まず、付帯工事費扱いになります。

・エクステリア工事関連費用
外構や庭をつくるための費用です。外構は門柱・門扉やフェンス、ガレージなどの工事費用が、庭は造園工事費用がかかります。

忘れがちな外構工事の予算

外構工事も別途工事に含まれます。(前項でいう「エクステリア工事関連費用」のことです。)

家の外観に合わせてデザインされるものですが、家の設計時には家本体のことばかりに気をとられて外構工事まで予算が回らなかったという話はよく聞きます。外構工事に予算がとれなくなり、あまり手をかけれないと家の見栄えにも大きい影響が出てしまいます。いくら素晴らしいデザインの家を建てても、外構は砂利をひいただけ・・・だと少し淋しいですね。

こういうことにならないためにも、外構工事の予算はしっかり確保しておきましょう。外構費用はどこまで工事するかによって大幅に変わりますが、新築での外構工事は、全体の建物建設費用の10%程度をかけるとバランスの取れたエクステリアになるといわれています。実際100万円~300万円ほど使って外構工事を行う方が多いでしょう。

まとめ

家づくりにかかるお金で、最も大きいのは建物本体の工事費ですが、本体工事費が総費用に占める割合は7割程度です。総予算が3,000万円の場合、本体工事費に2,100万円、それ以外に900万円…意外と大きい額ですね。

家づくりをスタートする前に、必要な費用の内訳をしっかり把握して、予算オーバーを防ぎましょう。

最新記事

おすすめ記事