BLOG

二世帯住宅を建てる時の注意点【通常一戶建てよりも高くなる?】

二世帯住宅

最近は二世帯住宅を検討する人が増えているそうです。土地が高く家を建てようと思っても自分たちだけでは建てられなかったりする場合に検討することが多いようです。実際に、親がそばにいてくれることで子供の送り迎えだったり何かと助けてくれますし、逆に親に病気などで助けが必要な状態になってしまった場合も近くにいてあげることができるのでお互いにメリットがあると言えます。今回はそんな二世帯住宅を建てるといった場合に、一戸建てと比べた費用の面と注意点についてご紹介したいと思います。

二世帯住宅は一つの土地に二つの家を建てることになるので、土地代は安くなります。しかし家の建築費自体は高くなりがちです。これは二世帯住宅をどのタイプで建てるかによってかかる費用が変わってきます。

二世帯住宅には大きく分けて3種類のタイプがあります。

完全共有タイプ

完全に一つの住宅を二世帯で共有するタイプです。アニメのサザエさんのように、玄関から台所、トイレやお風呂すべてを共有します。一番同居感の強いタイプになります。コスト的には最も安くなり、共有部分を多くすることで費用が安くなります。区分登記はできませんので、親子それぞれの住宅ローンを組むことはできません。

一部共有タイプ

世帯ごとのプライベートな空間は確保しつつ一部を共有するタイプです。玄関は一つで中が別々になっている場合などがこれにあたります。

内部で行き来する部分に鍵の付いた防火扉などを設けることにより、区分登記も可能になります。区分登記が認められれば、二戸扱いになるので住宅ローンが別々に組め、不動産取得税や固定資産税などを安く済ませることが可能です。

完全分離タイプ

一つの建物を完全に分離して、玄関からすべて別というタイプです。この場合にはお風呂やトイレ、キッチンなどが二世帯分必要になりますし、リビングもそれぞれ二戸分必要です。お互いのプライベートな空間は確保ができ、同じ家というよりは同じマンションに住んでいるといった感覚です。

しかしコスト的には最も高くなる可能性が高いです。また将来親の介護が必要となった場合には世話がしにくくなる可能性があります。

二世帯住宅を建てる際の注意点

ご両親の方が先に亡くなる可能性が高いので、その際に空いてしまった部分をどう考えるのかを検討しなければいけません。固定資産税もかかりますし、家の修繕をしていく必要もあります。完全共有タイプであれば賃貸に出すことは難しいですが、完全分離タイプであれば賃貸に出して、家賃を得るといった方法も一つです。どちらにしてもご両親が亡くなった場合にどうするかということを考えておくことも必要です

また長期的に良好な家族関係を維持できるかどうかが重要です。二世帯住宅を建てたけれど、それまでは仲がよかった家族が建てた後の生活をする中で価値観の違いや生活リズムの違いなどからギクシャクしてしまうケースも多いです。そうなってしまわないようにするには、一度二世帯で共同生活をしてみるのもいいかもしれません。またお互いのプライベートが守られるような間取りを考えるのもいいと思います。

まとめ

二世帯住宅は近くに頼れる人がいるという点が最大のメリットです。ただし、ご両親が亡くなった後のことをしっかり考えること、全員が二世帯住宅を建てることに賛同しているということが大切です。注意点も考慮しつつ、お互いの世帯が納得した二世帯住宅が建てられるといいですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.