BLOG

資金計画を立てる step1

家づくりにおいて重要な資金計画

家づくりで重要なのは「土地選び」「建築計画」「資金計画」の3つのポイントとされています。この中でも「資金計画」は、土地・建物購入の根幹になるため最も重要とされています。では、この「資金計画」はどのように進めていけばよいのでしょうか?

今回は資金計画の立て方について紹介します。

購入予算

家づくりにかけられる「総資産」が購入予算となります。なお、家は金額の大きな買い物ですから、住宅ローンを組むのが一般的です。従い、購入予算は「準備できる現金」+「住宅ローン借入可能額」 で決定されます。

現金はいくら用意できるのか、住宅ローンはいくらぐらい借りられそうか、それぞれ考えてみましょう。

頭金の決定

頭金とは、マイホームを買うときに支払う現金です。現金といっても、持っている貯金全てのことではなく、貯金の中からマイホームを買う際に出せるお金のことをいいます。

例えば、貯金が500万円あったとして、そのうちの300万円を出せるなら頭金は300万円になります。貯金が1000万円あっても、マイホームを買うときにお金を出さない場合は頭金は0円になります。

住宅ローン借入額の決定

1.住宅ローン借入可能額を知る
住宅ローン借入可能額はネット検索で「住宅ローン 借り入れ可能額」と入力して検索すると、たくさんの住宅ローンシミュレーションが見つかります。年収や借入期間などの必要事項を打ち込めば、すぐに借入可能額を計算してくれます。ただ気をつけたいのが、これはあくまでシミュレーションですので、実際に借りられる金額は銀行ごとに違います。計算された価格を100%鵜呑みにしないようにしましょう。

2.毎月返済額を考える
住宅ローンの借入額は、自分が毎月返済できる金額をもとに決めると無理なく借りることができます。例えば、住宅ローンの毎月返済額が現在の家賃と同じなら、今まで通り無理なく支払いができるでしょう。また、すでにマイホーム購入のための貯蓄などをしていて、家の購入後に返済に回せるなら、その分を家賃に足した額を毎月返済額と考えれるでしょう。

3.毎月返済額から住宅ローン借入額を計算する
住宅保証機構のシミュレーターを利用するとすぐに計算できます。
【借入可能額の資産】-【返済額より計算する】をクリック
借り入れ条件をそれぞれ入力するとご自身で考えた「毎月の返済額」から「住宅ローン借入額」の元本の総額が計算されます。

4.住宅ローン借入可能額との比較
3で得た住宅ローン借入額が1の住宅ローン借入可能額より上回っていれば、実際返していくのに無理がある計算となります。毎月の返済額を見直す等して考え直しましょう。

購入予算の決定と3本柱への予算割り振り

それぞれ頭金と住宅ローン借入額が決定したら、合算した金額が購入予算となります。購入予算が明確になったら、家づくり資金計画の3本柱とされている
・土地代
・建物代
・諸経費
の3つに割り振りましょう。

諸経費は必ず必要となるものなので別個で予算を組んでおくと今後において安心です。購入予算から諸経費の金額を除いたものが「土地代」と「建物代」になります。これをもとに家づくりを進めましょう。

まとめ

購入予算は計算できましたでしょうか?

購入予算が計算できたら、資金計画3本柱の予算が算出できます。この予算があれば土地探しや建物の計画がしやすくなり、より具体的な家づくりができるようになるでしょう。くれぐれも無理のない範囲で計画をたてましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事