BLOG

注文住宅に必要な諸費用とは?

必要な建築費用

注文住宅を購入する費用は、建物そのものにかかる「本体工事費」と建物以外の工事にかかる「別途工事費」と「諸費用」の3つにわけられます。

この中の「諸費用」は原則現金で用意しなければなりません。諸費用とは言っても、合計するとかなりの金額になります。一般的に建築予算の5%~10%程度だと言われています。

意外とかかる諸費用ですが、そもそもどんな費用なのか?ご存知でしょうか?今回は「諸費用とは」「どのくらいの費用の相場なのか?」「現金で用意できない場合」について紹介します。

諸費用とは

諸費用とは、家を建てる時に本体工事費・別途工事費(付帯工事費)以外に掛かる費用のことを指します。

代表的には
・住宅ローン返済のために金融機関が信用保証会社からの保証をつける「住宅ローン保証料」
・不動産屋に支払う「仲介手数料」
・売買契約書と工事請負契約書を
・作成するための印紙代の「印紙税」
・地震保険・火災保険などの「保険料」
・土地や不動産の所有者を登記簿に記載し、所有権を得るための手数料が「登記手数料」
・完成した家に引っ越すための「引っ越し費用」
・新居用にソファやベッドなどを購入するための「家具購入費用」
等々、挙げればキリがないほど諸費用の種類ガあります。

諸費用の相場はいくらぐらいなのか

諸費用は一般的にトータル予算の5~10%必要と言われています。土地代も含めたトータルの予算が3500万円であれば、最大350万円程度は諸費用として見ておいたほうがいいということになります。(この時点では多めに見積もっておいたほうが無難です。)

通常、住宅ローンでは諸費用は融資対象外です。この諸費用も融資対象としてくれる住宅ローンや、諸費用専門のローンもありますが、通常に住宅ローンと比べて金利が高いなどの不利な点があります。諸費用は、なるべく現金で用意しておいた方が負担が少なくてすみます

この諸費用の中で比較的大きな出費となるのが、住宅ローン関連費用です。住宅ローンの保証料は、融資額3,000万だと50万円~100万円を超える銀行も珍しくありません。この金額を現金で用意するのは簡単なことではないでしょう。

しかし銀行によっては、金利に上乗せしてくれる場合や、ネット銀行では保証料0円という住宅ローンも珍しくありません。自己資金に不安があるのなら、このような保証料0円の住宅ローンも検討してみましょう。

諸費用を現金で用意できない場合

意外とかかる諸費用。現金で支払えない場合の時のために銀行には「諸費用ローン」という商品があります。

また昨今では、住宅ローン借り入れの際に、手数料・登記費用だけでなく引越代といった諸費用まで貸してくれる、「オーバーローン」を認める銀行が増えています(主にネット銀行です)。さらに、かつては1~2割の頭金が必要だったが、現在は「頭金なし」でも借りられる銀行も登場しています。

手持ち資金がなくても住宅ローンを借りやすい時代になっています。

まとめ

注文住宅を購入するときにかかる「諸費用」。一般的にトータル予算の5~10%かかると言われていますが、原則現金で用意しなければなりません。あらかじめ予算にいれておきましょう。

また、現金を用意する上で、貯金が無くなるほど用意するのは元も子もありません。自分のライフプランをよく考えたうえで、適切な額の現金を用意するか、時にはあえて頭金を用意せずにフルローンで借りるという選択肢も視野にいれましょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.