BLOG

ガレージ・車庫を作る際の費用相場

ガレージ・車庫

最近、人気が高まっている「ガレージ」。

車やバイクや自転車が趣味の方は憧れている方も多いのではないでしょうか?車両を停めておくだけでなく、各アイテムも収納でき、メンテナンスできるようなスペースも作っておくとかなり魅力的でしょう。
そんなガレージを検討する上で一番気になるのはやはり費用でしょう。

今回はガレージを作る際の費用相場についてお話します。

ガレージとは

屋根・壁・シャッターなどで囲まれている建物で自動車などの車両を停めておく車庫です。

カーポートと似ていますが、カーポートは壁に囲まれていない簡易的な駐車スペースのことを指します。屋根と柱のみで壁に囲われていないカーポートよりも、壁で囲まれているガレージの方がしっかりとした作りになっており、防犯性が高く悪天候から車両を守ることができます。

車やバイクが好きな方にとっては、自分だけの趣味の空間として使うことができます。また、雨が降った日の子どもの遊び場やアウトドア用品の物置として使用することもできます。

ガレージの種類と予算

【独立ガレージ】

独立ガレージとは、住宅とは別の建物として敷地内に設けるガレージです。独立ガレージには次の二つの設置方法があります。

  • 既製品のガレージを設置する

既製品のガレージを購入し、業者に設置してもらう方法です。最も安価でお手頃に設置することができます。100万円弱ほどで設置できる物もあります。

しかし、価格が抑えられる反面、既製品を使用するのでオリジナリティに欠けるでしょう。

  • 一から建設する
家を建てるようにガレージを一から建設する方法です。自分だけのオリジナルの空間を作りたい方におすすめです。

予算として200万円以上をみておきましょう。

【ビルトインガレージ】

ガレージ・車庫
ビルトインガレージは、住宅とガレージが一体となったタイプです。ビルトインガレージは住宅の1階部分にガレージを設置する方法なので、敷地を有効活用することができます。

しかしガレージ空間を広めに確保しようとすると、逆に住空間が狭くなってしまうため、それぞれ空間のバランスを考えなければなりません。

広さにもよりますが、クルマ1台分が入るスペース(4~5坪程度)で200万円~300万円が相場でしょう。

このページのまとめ

まとめ女子
周囲が壁や天井に囲まれているガレージは、新たな空間としても楽しむことができます。

特に車やバイクが趣味の方にとっては、趣味に没頭できる自分だけの空間を手に入れられる大変魅力的な空間でしょう。

しかし、理想を追求したガレージほど、現実的には住空間が狭くなり、価格も上ります。理想と現実のバランスを踏まえた上で、目的やライフスタイルに合ったガレージが作れると良いですね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.