BLOG

つなぎ融資ってなに?

住宅ローンを組む際に、「つなぎ融資」というワードを聞くと思います。注文住宅を建てる人は、必要となるケースも少なくないでしょう。そんな「つなぎ融資」とは、住宅ローンを申込んだとき、実際に融資がおりるまでのあいだに組むことができるローンのことをいいます。でもこの「つなぎ融資」とは、どのような時に必要になるのでしょうか?

今回は、注文住宅でつなぎ融資が必要になる理由と利用時の注意点、などを紹介します。

つなぎ融資が必要となる場合

つなぎ融資がなぜ必要になるかというと、一般的に住宅ローンは住宅が完成していないと融資を受けられません。これは、建物を担保にして住宅ローンを契約するというカラクリがあるからです。具体的には物件が引き渡され、抵当権設定登記が終わったあとにしか融資されません。

そのため、すでに完成している建売住宅や分譲マンションは、物件を購入する時に住宅ローンの融資を受けることができますが、契約してから作られる注文住宅の場合は、物件が完成するまで住宅ローンの融資を受けることができません。

注文住宅を建てる時には建築費用を分割で支払うのが主流です。着工時に支払う「着工金」、上棟時に支払う「中間金」、竣工時に支払う「竣工金」など支払うタイミングが沢山あります。ところが、前述のとおり住宅ローンは家が完成してからまとめて融資が実行されるのが一般的なので、住宅の完成前に支払う代金については、それなりの段取りをしておく必要が出てきてしまいます。

そこで つなぎ融資 の登場です。つなぎ融資は抵当なしで申請可能なため、住宅完成前に融資を受けられます。これは注文住宅を建てる時に必要な着工金や中間金などに利用できます。ただし、つなぎ融資は住宅ローンに付随するサービスです。基本的に、住宅ローンとつなぎ融資は同じ金融機関で受ける必要があります。

つなぎ融資利用で注意すること

・つなぎ融資を行っていない金融機関がある
つなぎ融資を行っていない住宅ローンも多いので、注意が必要です。

・金利や手数料が高い
つなぎ融資の金利は通常の住宅ローンの金利より割高になります。また、つなぎ融資が発生すると、借入のための手数料(印紙代含む)や借入期間の利息の出費が増えます。また、申し込みに必要な印鑑証明や住民票をとったり、書類を書いたりする手間が増えます。

つなぎ融資での出費をできるだけ抑えるには?

・金利が低いつなぎ融資を利用する。
つなぎ融資の利息が高い最も大きな理由はズバリ「金利の高さ」なので、そこを抑えることが一番効果的でしょう。

・自己資金の投入
自己資金を投入して「借入金額を減らす」ことで、利息金額を抑えます。もちろん、自己資金を投入することにより手持ち金額は減るので、利息を支払うか手持ち金額を減らすかがの判断が必要となります。

・融資期間の縮小
着工金や中間金の支払時期について、住宅会社と相談して、できるだけ支払時期を遅らせてもらせてもらいましょう。支払時期が遅れればそのぶん融資期間が減るので、かかる利息も減ります。

まとめ

注文住宅を建てるときは、それぞれの支払いのタイミングをあらかじめ確認しておきましょう。つなぎ融資以外にも、着工金や中間金を先に融資してくれる「分割融資」を扱っている金融機関もあります。どのタイミングで融資を受けられるのか、費用はいつ・どのくらいかかるのか、といった点を事前に確認しておくことで、安心な予算計画に繋がるでしょう。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事