BLOG

新築独特の臭いを消す方法とは?原因と対策方法

新築独特の臭い
新築の香りって、新しい住まいを手に入れた時じゃないと嗅げない香りです。例えば、新車を買った時の香り、あなたはどんなイメージがありますか?ワクワクする香りですか?木造の家ならば木の安心した香りですね。

でも、実は、新築の家もいい香りばかりではない場合も多いのです。せっかくこれから一生新しい家に住むのに不快な香りで生活をしたくないですよね。中にはシックハウス症候群をおこしてしまう場合もあるみたいです。今回は新築の香り、匂いの原因と匂いを消す対策をお伝えしていきます。

匂いの原因

新築の匂いは科学物質の匂いなのです。壁紙を貼り付ける時に使う接着剤、集成材で仕様される防カビ、防虫、防腐剤など、家を作るときに匂いを放つ物質が多くあります。この新築の匂いは注意しないと大変な事になります。

そして、新築の匂いはすぐには消えません。もし、消えたと思っているのは匂いに慣れてしまっているのかもしれません。これは、本当に危ないシグナルです。

シックハウス症候群

換気
シックハウス症候群はご存知ですか?お家の室内の空気汚染に由来する様々な健康障害を称して「シックハウス症候群」と言います。シックハウス症候群であげられる症状は、目がチカチカしたり、ノドの痛み、全身の倦怠感、めまい、頭痛が起こったりします。風邪みたいな症状なので、間違えやすいです。

もし、自律神経失調症や、更年期障害、風邪、花粉症に似た症状にずっと悩まされていたらシックハウス症候群も疑ってみましょう。

シックハウス症候群の原因として、

①換気をしない
②室内にカビやダニ
③有害な化学物質がある
④室内の機密性が高い事も原因です。

特に③の有害な化学物質があるで最も指摘されているのが発ガン性が指摘されているホルムアルデヒドと呼ばれる化学物質です。ホルムアルデヒドは2003年に建築基準法が改正され発散量に応じて建材に等級がつけられ、それ以外のモノに使用ができなくなりました。

シックハウス症候群にならない為に絶対にして欲しい事は、窓を開け、しっかり換気をすることです。出来れば毎日換気をしてほしいです。部屋を締め切ると室内に化学物質の濃度が高くなってしまいます。出来るだけ、少しの時間でもいいので、朝起きたら窓を開けて、換気扇を回しましょう。これをする事によります室内の換気を早く回すことが出来ます。

あとは、ホルムアルデヒドだけが原因ではないです。しっかり掃除もして欲しいですね。カーペットや畳は掃除機をしっかりかけたり、ぬいぐるみなどもたまには洗って天日干しもしてあげて下さいね。

家具のにおいも実は、、、

壁の匂いを取ったり、シックハウスの対策をしても、後から購入した家具からにおいが発し、その家具からシックハウス症候群になる事もあります。ベットのフレームやテレビ台、タンスなどもありますので、これも注意をして購入しましょう。

ベットは難しいかもしれませんが、テレビは壁かけ、タンスはクローゼットを使用するなど前もって対策をするのもいいかもしえませんね。

このページの対策まとめ

やはり、途中でも書きましたが、シックハウス症候群にもならないように毎日の換気が大切になります。まとめ女子部屋の淀みも解消されますし、部屋の中の生活のニオイもなくなります。朝1番で窓を開けて換気をしましょう。

そして、換気扇を回す事も対策の一つです。そして、最近の家は各部屋に換気口が必ず取り付いていますので、しっかり開けておきましょう。ぜひ、対策してみて下さいね。

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.