BLOG

憧れのウォークインクローゼットを作りたい!その時の注意点とは?

憧れのウォークインクローゼット
最近、人気の高まっている収納力抜群のウォークインクローゼットに憧れる方も多いのではないでしょうか?

ウォークインクローゼットは、ある程度の広さがあり多くの物を入れられるので、特に服や物が多いご家庭に人気の収納となっています。

そんなウォークインクローゼットにはメリットばかりではなくデメリットもあります。それによっていくつかの注意点があります。

ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは英語で「walk‐in closet」と表します。英語の通り、歩いて入るほどのスペースがあるクローゼットということです。少なくとも2畳以上はある大収納クローゼットです。

ウォークインクローゼットのメリット

  • 抜群の収納力を確保できる
  • 大きな荷物を入れられる
収納ケースや趣味のアイテムや大型のスーツケースなど、かさばるものも収納可能となります。

  • 部屋がすっきりとする
ただのクローゼットだと、扉がたくさん並んでしまいますが、出入り口が一つで良いため、すっきりとした見た目となります。

  • 衣類の管理がしやすい
一か所で衣類を収納でき、管理がしやすくなります。

  • ウォークインクローゼット内で着替えができる
通行スペースを広めに確保しておけば、中で着替えることも可能です。

ウォークインクローゼットのデメリット

  • ウォークインクローゼット内の通路がデッドスペースになる

限られた間取り内で計画をしている場合、1帖の確保が大きな問題になります。ウォークインクローゼット内の人が通るスペースさえもったいなくなる場合があります。

  • 湿気が溜まりやすい

湿気が溜まりがちになりやすく、適度に換気をしておかないと中に収納している洋服などにカビが生えてしまうということがあります。

  • 灯りが要る

ウォークインクローゼットにする場合、内部に灯りが必要となります。僅かながら電気代・建築費も多めにかかります。

失敗しないウォークインクローゼットを作る時の注意点

失敗しないウォークインクローゼットを作る時の注意点
新築の家を計画する際、ウォークインクローゼットを作る場合に注意すべき点を紹介します。

  • 収納する服の巾を把握し、奥行きを決める

収納は寸法をよく考えて計画しましょう。まずは、収納する服の巾や奥行きを把握することから始めます。たとえば、スーツ50㎝、コート・ダウンジャケット60㎝などです。また、可能ならば収納ケースの奥行も確保できるとよいですね。

  • 収納ケースの引き出しを考慮した通路巾

収納ケースを置く場合、その引き出しを出すスペースを考慮するのを忘れないようにしましょう。

  • 換気対策をしましょう

湿気が溜まりやすくなってしまいます。

窓や換気扇が手っ取り早い換気対策となりますが、ウォークインクローゼットの壁をカビや匂い対策のできる専用ボードにしたり、エコカラットを張ったりと様々な方法があります。

  • コンセントの検討

中でズボンプレッサーやアイロンを使用するときに備えて、コンセントがあると便利です。

このページのまとめ

まとめ女子
ウォークインクローゼットのメリットデメリット、理解いただけましたでしょうか?

ウォークインクローゼットを作る際は上記の点をふまえ、失敗しないようにいろんな点に注意しながらウォークインクローゼットのよさを最大限に引き出してください。

すっきりとした快適な生活を送ることができるといいですね!

 

メルマガ登録

メルマガ登録

 

最新記事

おすすめ記事

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No posts found.

Make sure this account has posts available on instagram.com.